驚きの完成度、美しすぎるソファー

スカンジナビアンスタイルの洗練されたフォルムとjapan文化の象徴「漆」を融合させた、美しすぎるソファーです。
まるで音符を奏でるように美しくデザインされたフォルム。そしてその美しさを際立たせたのは、japan文化の象徴である「漆塗り」。W-NUTの美しいブラウンの色味に、漆塗りならではの上品で深みのある風合いが、プラスされ、より一層このソファーの魅力を引き立てています。 しかも、絶妙な角度で傾斜し、背中にフィットするよう計算されたクッション。 一度、座ってしまったら、まるで魔法をかけられたように、このソファーの虜になってしまうかもしれません。

驚きの完成度、美しすぎるソファーの特徴

※写真をクリックすると拡大してみることができます。

無垢素材

ブラックウォールナット無垢材 ブラックウォールナットは、クルミ科の落葉広葉樹の一つです。 日本では「鬼クルミ」が有名ですが、ここで言う、ブラックウォールナット材はアメリカのクルミの木のことをさします。 美しい茶褐色の何とも言えない色合いと、優しい木目が特徴で、非常に人気のある素材です。 強度と粘りがあり、乾燥後も狂いが少ないため、昔から高級家具などに 使われてきました。 また、加工しやすく、衝撃を吸収する力もあるため、ライフル銃などの銃床やピアノ等の楽器類にも使われています。そういえば、音楽室のピアノの色が思い出されますね。(ちなみに、日本の「鬼クルミ」はやさしいベー ジュ色をしています。) はじめは紫がかった濃い茶色ですが、時間と共に優しいライトブラウンに変化していきます。その風合いが何とも言えず素敵です。 頑固おやじのブラックウォールナット材は、節の部分も捨てずにそのまま使っています。 もちろん熟練の職人さんが、硬くて加工しにくい節の部分もきれいに削り込んで仕上げています。 だから触っても全く違和感なくすべすべです。 「節」=英語で「キャラクター」。 各々の木に刻まれた節を見ていると、その木が生きてきた年月がそのまま表情として現れているような気がします。どうぞ、みなさん、まるごとかわいがってくださいね。世界に一つ、その木のもつ表情を存分に楽しんでくださいね。

木は反ります。割れます。

家具塗装

japan文化の象徴「漆」仕上げです。

1.漆は何からできているの?

漆の正体は「ウルシ」の木からとれる樹脂です。樹皮に傷をつけそこに染み出てくる白い樹液をかきとったものが漆の元となり、この樹液をろ過し樹皮等を取り除いたものが「生漆」と呼ばれます。1本の木からコップ1杯程度しかとれない貴重なものであるため国内の漆は非常に希少価値が高いものとなっています。

2.どうやって塗るの?

生地に漆をヘラで薄く延ばし、余分なものをきれいな布で拭き上げます。この方法を、「拭き漆」または、「摺り漆」ともいいます。漆塗り仕上げの中では最も基本的な塗り方で、素材自体の持つ美しさを充分に引き出すことのできる日本古来の方法です。

3.「乾く」ではなく、「硬化する」・・・漆独特の乾燥の仕方とは?

漆が「乾く」メカニズムは、一般的な「乾く」という概念とは大きく異なります。一般的に「乾く」というのは、水分が空気中に蒸発する、というイメージがありますが、漆は全く逆で、空気中の水分を取り込んで硬化します。「乾く」ではなく、「硬化する」のです。

4.漆が「硬化」する条件は?

漆が「硬化」するためには、十分な湿度と温度が必要です。湿度70~85%、温度20~25℃と、想像しただけでもジメジメしてしまいそうな環境が漆の硬化に必要なのです。これは漆に含まれる、「ラッカーゼ」という酵素が深く関わっています。この酵素が空気中の水分から酸素を取り込み、結合して硬い皮膜をつくります。 そしてこの酵素の活性化に必要な条件が、湿度70~85%温度20~25℃という環境なのです。 ※上記のように、漆は一定の湿度がないと乾かない特性をもっている為、「ムロ」と呼ばれる高湿の部屋の中に漆を塗っては入れる・・・という工程を幾度も繰り返します。 その工程は一般的な拭き漆塗りでも十数回繰り返して行われます。 ※漆の硬化は、長時間にわたってゆっくり進行していきます。仕上がって間もないと、熱い湯やアルコールによって変色してしまうこともあります。その場合はやわらかい布でふきとります。しかし、一度硬化した後の漆は非常に強固で、酸、アルカリ、シンナー等でもびくともしません。ガラスを溶かすフッ素や金を溶かす王水にもおかされない、強靭な性質をもっています。なんと、宇宙で使用する接着剤としてスペースシャトルに持ち込まれたこともある程です!! ※ごくまれに、硬化する前の漆に触れてしまってかぶれてしまった・・・という方がいらっしゃいます。一般的に家具に塗装され十分硬化したものはかぶれなどの問題はありません。只、「ちょっと不安だな…」という方は事前にお問い合わせくださいね。

驚きの完成度、美しすぎるソファーサイズ

オプション

※オプションを選択した場合、カートに表記されている金額と異なる場合がございます。 詳しくは、お問い合わせください。
◯他にも塗装が選べます。
オイル塗装
◯張地が選べます。
MSアイボリーMSキャメルMSこげ茶MSブラックMOキャメルMOこげ茶MOブラック
ASネイビーASベージュASレッドDOアイボリーDOこげ茶DOブラック
sofa008

驚きの完成度、美しすぎるソファー

スカンジナビアンスタイルの洗練されたフォルムとjapan文化の象徴「漆」を融合させた、美しすぎるソファーです。 まるで音符を奏でるように美しくデザインされたフォルム。そしてその美しさを際立たせたのは、japan文化の象徴である「漆塗り」。W-NUTの美しいブラウンの色味に、漆塗りならではの上品で深みのある風合いが、プラスされ、より一層このソファーの魅力を引き立てています。 しかも、絶妙な角度で傾斜し、背中にフィットするよう計算されたクッション。 一度、座ってしまったら、まるで魔法をかけられたように、このソファーの虜になってしまうかもしれません。

※ご購入の際、一覧に表記されている「商品(革・布等)」をお間違えにならぬようご注意の上、カートへお進みください。
※「張地の色」に関しましては、カート内の「お客様ページ」にてご入力いただきます。
お忘れにならないようご注意ください。

▼お問い合わせ▼

info@gankooyaji.net

日本以外にお住まいで、商品の購入をご希望の方は、こちらからお問い合わせください。

商品 オプション 販売価格
(税込)
数量  
驚きの完成度、美しすぎるソファー<3人掛け>漆塗り/布
¥578,880
驚きの完成度、美しすぎるソファー<3人掛け>漆塗り/MS革
¥735,480
驚きの完成度、美しすぎるソファー<3人掛け>漆塗り/MO革
¥912,600
驚きの完成度、美しすぎるソファー<3人掛け>オイル仕上げ/布
¥561,924
驚きの完成度、美しすぎるソファー<3人掛け>オイル仕上げ/MS革
¥699,840
驚きの完成度、美しすぎるソファー<3人掛け>オイル仕上げ/MO革
¥868,320
サイズ 3人掛け:1870×975×960(390)
2人掛け:1260×975×960(390)
※写真のソファーは3人掛けサイズです。
→送料についてはこちら
素材 本体/ブラックウォールナット無垢材
塗装/漆仕上げ※ナチュラルな質感のオイル仕上げもお選びいただけます。
クッション中身/座面:ウレタン&シリコンポリエステル綿&羽毛
        背もたれ:シリコンポリエステル綿&羽毛
        ※腰部分はウレタンのみの仕上げです。
納期 受注生産品です。
発送日が判り次第ご連絡致します。
通常約60日前後の制作期間を頂いておりますので予めご了承下さいませ。
商品取扱い店舗 「頑固おやじ水戸」で実物をご覧いただけます。
→店舗へのアクセス

お問い合わせ先

お問い合わせは下記の電話またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせフォームにて「商品のお問い合わせ」をする際は、必ず「商品名」の項目に問い合わせる商品名を記載してください。

商品についてのお問い合わせはこちら

電話:029-241-2931

WEBからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ページトップへ