オブジェのようなセンターテーブル

前から見ても、横から見ても、なんだかとても個性的。 まるでオブジェみたいな素敵なデザインのセンターテーブル。
センターテーブルって、どれも同じような形をしているのでつまらないですね・・・。 そんな風に考えている方、このセンターテーブルを見て下さい! なんだかとても素敵でしょう!!十字に組み合わされた脚、ゆるやかに波打つ天板の ウェーブ加工・・・。こんなセンターテーブル他にはないかもしれません!!

オブジェのようなセンターテーブルの特徴

※写真をクリックすると拡大してみることができます。

無垢素材

ブラックウォールナット ブラックウォールナットは、クルミ科の落葉広葉樹の一つです。 日本では「鬼クルミ」が有名ですが、ここで言う、ブラックウォールナット材はアメリカのクルミの木のことをさします。 美しい茶褐色の何とも言えない色合いと、優しい木目が特徴で、非常に人気のある素材です。 強度と粘りがあり、乾燥後も狂いが少ないため、昔から高級家具などに 使われてきました。 また、加工しやすく、衝撃を吸収する力もあるため、ライフル銃などの銃床やピアノ等の楽器類にも使われています。そういえば、音楽室のピアノの色が思い出されますね。(ちなみに、日本の「鬼クルミ」はやさしいベー ジュ色をしています。) はじめは紫がかった濃い茶色ですが、時間と共に優しいライトブラウンに変化していきます。その風合いが何とも言えず素敵です。 頑固おやじのブラックウォールナット材は、節の部分も捨てずにそのまま使っています。 もちろん熟練の職人さんが、硬くて加工しにくい節の部分もきれいに削り込んで仕上げています。 だから触っても全く違和感なくすべすべです。 「節」=英語で「キャラクター」。 各々の木に刻まれた節を見ていると、その木が生きてきた年月がそのまま表情として現れているような気がします。どうぞ、みなさん、まるごとかわいがってくださいね。世界に一つ、その木のもつ表情を存分に楽しんでくださいね。

木は反ります。割れます。

家具塗装

木に優しいオイル仕上げです。

天然の無垢の木本来の風合いを生かし、木の呼吸を妨げず、使い込む程に風合いが増していく・・・木にも私達にもとても優しいオイル仕上げ。 基本的に亜麻仁油や蜜蝋等をベースとした植物性オイルを使用し、ハケで何度も塗り重ね木の内部に浸透させていく仕上げです。表面に「塗膜を作らないため、木本来の自然な風合いが楽しめ、触り心地もすべすべです。 只、「塗膜をつくらない」ということは、言い換えれば表面の対傷性がウレタン仕上げ等、他の塗装に比べてあまり強くないと言えるかもしれません。 でも心配無用。ついてしまった汚れや傷は、表面をサンドペーパー等で削ったり、オイルを塗りなおしたり・・・とある程度簡単にメンテナンスすることができるのです。 そして、なによりも、つけてしまった傷や汚れもご愛嬌、思い出の一つとして楽しんでいただきたいなと頑固おやじは思います。 10年後、20年後、どんどん変わっていくその家具を存分に楽しんでくださいね。

オブジェのようなセンターテーブルサイズ

オプション

※オプションを選択した場合、カートに表記されている金額と異なる場合がございます。詳しくは、お問い合わせください。
◯他にも木の種類が選べます。
栗オーク
table008

オブジェのようなセンターテーブル

前から見ても、横から見ても、なんだかとても個性的。 まるでオブジェみたいな素敵なデザインのセンターテーブル。
センターテーブルって、どれも同じような形をしているのでつまらないですね・・・。 そんな風に考えている方、このセンターテーブルを見て下さい! なんだかとても素敵でしょう!!十字に組み合わされた脚、ゆるやかに波打つ天板の ウェーブ加工・・・。こんなセンターテーブル他にはないかもしれません!!

▼お問い合わせ▼

info@gankooyaji.net

日本以外にお住まいで、商品の購入をご希望の方は、こちらからお問い合わせください。

商品 オプション 販売価格
(税込)
数量
オブジェのようなセンターテーブル
素材
¥159,840
サイズ 1410×560×320
→送料についてはこちら
素材 本体・天板:ウォールナット無垢材
※他にも「オーク」「栗」材でおつくりできます。
塗装:オイル仕上げ
納期 受注生産品です。
発送日が判り次第ご連絡致します。
通常約60日前後の制作期間を頂いておりますので予めご了承下さいませ。
商品取扱い店舗 この商品はWEBのみでの取扱いとなります。
備考 天板はウェーブ加工がほどこされています。

お問い合わせ先

お問い合わせは下記の電話またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせフォームにて「商品のお問い合わせ」をする際は、必ず「商品名」の項目に問い合わせる商品名を記載してください。

商品についてのお問い合わせはこちら

電話:029-241-2931

WEBからのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

ページトップへ