健康をサポートするファイテンと木のぬくもりを大切にする頑固おやじが出会いました!お客様のご希望に合わせた特注対応も可能です

「ファイテンがベッドを販売する」と聞いたとき、絶対にいいだろうなと直感しました。また、ファイテンの方と話をするうちにファイテンの健康に対するこだわりに驚きました。
そして「頑固おやじの家具は、家具になった木がよろこんでますね。木に優しいということは人にも優しい。これはファイテンが理想とする家具です。何かいっしょにつくりましょう。」というお話になりました。家具を通じて、皆様の生活に「健康」を加えることが願いです。

数ある木の中から日本に自生する「楠」を選びました。この楠は九州の山中に100年立っていた大木です。

木のぬくもりはそのままに、ファイテンの技術をプラスさせました。
日本の大地に育った楠を日本の職人が丁寧につくりあげました。仕上げにはドイツのリボス社製オイルを使用しています。

楠は、昔から樟脳の原材料として使われています。クスの葉をちぎると、ツンとする樟脳の香り(匂い)がします。クスは独特な芳香を持つことから「臭し(くすし)木」がその語源と言われています。また、さまざまな薬効もあり「薬の木」を語源とする説もあります。古くからクスの葉や煙は防虫剤や鎮痛剤として用いられ、その防虫効能から家具や仏像などにも広く使われてきました。

このような点から「人にやさしい家具」として楠を選んでいます。

頑固おやじ×ファイテンコラボ商品

ページトップへ