頑固おやじの栗の家具

一枚のテーブルとの出会いから、「頑固おやじ」の歴史が始まりました。

栗の木のテーブルを始めて見たのは何年前でしょうか?
始めて見た時からその魅力に取りつかれてしまいました。

「このテーブルの良さをもっとみんなに届けたい!」
そんな思いがつながって、今こうして栗の木の家具をたくさんみなさんにご提案できるようになりました。

栗の木と聞いて、みなさんが思いつくものはなんですか?
もしかしたら家具というより、線路の枕木とか、お寺や住宅の土台とか、縁の下の力持ち的な印象のほうが強いかもしれません。
そんな風に昔から、日本を陰で支えてきた栗の木は、こんなにも力強く、こんなにも生き生きとした目をして私たちを楽しませてくれるのです!

是非栗の木の家具を使ってみてください。
その風合い、その色合い、何とも言えず使う人の心をとらえて離さないでしょう。

職人が一枚一枚使う板を吟味して、その木の良さを最大限生かせるように、心を籠めてテーブルや、椅子をお作りしています。
何十年、何百年と使い続けることのできる家具、親から子へ受け継ぐことで、世代を超えて使い続けることのできる家具、それが頑固おやじの栗の木の家具なのです。

table001
table003
table004
chair001
chair003
tvb001
chest001
board001
board002
etc001
etc002

ページトップへ