頑固おやじの家具

素材へのこだわり

栗とは

食材として材木として、栗の木は縄文時代より前から私たちの生活にはなくてはならないものでした。

樹木で立っている時は、甘い香りがするために虫によくたべられてしまったりしますが、材になると虫にも水にも強い材なのです。

しかし、強さゆえに線路の枕木として大量に使われてしまい、すっかり量が減ってしまいました。今では貴重になってしまった栗の木は、力強い独特な木目でステキです。「タンニン」という成分が多い木なので、年数が経つと深みのある茶色に変わってきます。

家具に使われる栗の木は、山栗という山の中に生える大きな栗の木です。童謡の「大きな栗の木の下で」に出てくる栗も山栗です。

ちなみに栗の木は英語で「マロン」ではなく、「チェストナット」といいます。ヨーロッパではいいタンス(チェスト)は栗の木でつくっていたからです。

胡桃とは

ケーキやお菓子などによく入っているあのくるみの木です。くるみの実には老化防止効果があり、栄養も豊富で昔から人々に愛されてきました。実がおいしいだけではなく、家具の材料としても優秀なのです。

日本のくるみは赤みがかった肌色、アメリカのくるみの木(アメリカンブラックウォールナットはこげ茶色をしています。

アメリカンブラックウォールナットは美しい色がついている木なので、世界的にみても高級材といわれています。3年、5年と時間が経つにつれて、明るくまろやかな茶色になっていきます。

厳しい寒さのもと、ゆっくりと時間をかけて成長します。

楢とは

みなさん、昔どんぐりを拾ったことはありませんか?楢はどんぐりの木なんです!

そして樽(たる)という漢字をよ~く見てみてください。「楢」の漢字が隠れていますね!

そうなんです。樽は楢の木で作られています。硬くて丈夫な木なので、お酒を熟成させるため何年も使われる樽にはもってこいの材です。

昔、北海道の楢の木が大量にヨーロッパに輸出されヨーロッパの高級家具になったのはあまり知られていませんが、そのため楢の木が激減し今では伐採が制限されています。

なぜなら 100年後に使われる材として大切に育てられているためです。日本を代表する木だと頑固おやじは思います。

ページトップへ